みかん肌 治し方

みかん肌の治し方と頬の毛穴をキレイにする方法をご紹介。みかん肌を治すには頬の毛穴やメイク汚れをしっかり落とすことができれば大丈夫。その他の肌トラブル解決法についてもお伝えしています。

みかん肌 治し方 > みかん肌の治し方と頬の毛穴

みかん肌の治し方と頬の毛穴をキレイにする方法をご紹介。みかん肌を治すには頬の毛穴やメイク汚れをしっかり落とすことができれば大丈夫。その他の肌トラブル解決法についてもお伝えしています。

みかん肌の治し方の基本は洗顔です

みかん肌の治し方の基本はまず洗顔です。毛穴が目立ったり肌の表面の凹凸があり手触りがザラザラという方でも大丈夫。毎日の洗顔方法を見直して少しずつでも改善させていきましょう。

まずは毛穴の大掃除からはじめていきましょう。毛穴には皮脂や化粧品の残りカスや汚れ、古い角質などが溜まっています。汚れが毛穴に入り込んで開いている状態なので、白い汚れや黒い汚れでどうしても目立ち気味。みかん肌の治すには正しい洗顔方法に修正することですが正しい洗顔方法を知っているという方は意外と少ないんです。

正しい洗顔方法のポイントはたっぷりの細かい泡を作ること。ぬるま湯で洗顔することの2つです。泡がきめ細かいと小さな毛穴の奥まで届きますし、ぬるま湯だと必要な皮脂まで洗い流してしまうことも防止できます。体温よりも少し低い温度のぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

ニキビ跡が原因のみかん肌

みかん肌の原因がニキビ跡である場合、美容皮膚科でレーザー治療するという方もいらっしゃいます。思春期のころにニキビを潰していたりすると凹凸のある肌になりニキビ跡が残ってしまいます。ニキビ跡を自分で治すことは難しいので美容皮膚科でレーザー治療を受ける方がいますが、この方法はレーザーや薬剤で肌の表面を傷つけていく方法です。肌の再生を促進して回復させていく方法なので炎症がある方や肌が弱く敏感肌の方には合わない方法なのです。

一時的にですがお肌のバリア機能を破壊してしまう方法ですのでトラブルも多いのです。こういう治療には保健がきかないため治療費が高額になる傾向があります。レーザー治療はハイリスク・ハイリターンだということは覚えておいて下さい。

ターンオーバーでお肌を正常に戻す

レーザー治療ではハイリスク・ハイリターンだとお伝えしました。レーザー治療は肌の再生力を促進して治療するという方法ですが、それに対して時間をかけながらも自然な肌本来の生成力を高めてじっくり治すという方法もあります。これには時間はかかりますがお金はそれほどかかりません。

正しいターンオーバーの期間は約28日間と言われていますが、加齢によってその期間は長くなっていきます。肌の状態があまり良くない人はターンオーバーのサイクルが45日や60日といった方もいらっしゃいます。ニキビ跡が残っている場合は肌質が固くなっていること多く、普通の石鹸などでは効果を得られないこともあります。

毛穴の汚れをしっかりと取るためにオールインワン薬用美白美容液を使うというのも一つの方法。徹底的に研究して開発されたヴェルモアのような薬用美白美容液を使うのもおすすめです。